我が家のお鍋は大丈夫?お鍋の変え時について考えてみた

お鍋の寿命は?替え時のサイン

素材ごとの予兆サインの確認

フッ素樹脂やダイヤモンド加工など、焦げ付きにくい、などを謳った商品が増えています。
アルミニウム鍋には表面にアルマイト加工することで腐食を防いでいる物もあります。
この様に表面加工されている鍋については、塗装がはがれてきた時が変え時です。
塗装が剥げたとしても、使えないという事はありませんが、メリットである焦げ付き防止や腐食防止効果が格段に下がってしまいます。
表面加工が無い鍋についても、アルミニウムの鍋は、いつもならスポンジでこすれば取れていた黒ずみが取れないようになったら替え時です。
表面加工といえばホーロー鍋については表面のガラスの層にヒビが出てきた時が替え時です。
空焚きしてしまったり、急冷や落下などの衝撃によっても割れてヒビが入ってしまう可能性があります。
銅や鉄、ステンレス製のものについては、日頃のお手入れがしっかりしていれば一生モノと言っても良いお鍋です。
穴が開かない限り使えます。

鍋の劣化でなく替え時な時

表面加工のある鍋でない場合、寿命というものが明確ではないお鍋。
ただし、家族構成が変わったり、年齢が上がったことで、これまで使っていた鍋では使い勝手が悪くなることもあります。
例えば、一人暮らしで使っていた時は十分な量が煮炊きできたお鍋だったとしても、家族が増えたら一度に作る量が変わります。
また、年齢が上がって、両親のみの2人暮らしで小さいお鍋で十分になる、または、筋力も衰えて重たい鉄製のお鍋では出し入れが大変になった、等です。
そして、もう一つ、使用するコンロがガスからIHに変えた時も要注意です。
金属製のお鍋でIH向きでないものものもあるからです。
熱伝導も良く優秀なはずだった銅製、アルミニウム製のお鍋はIH不可であるものがほとんどなのです。


Share!
B!

ページTOPへ