一般企業でも税理士免許の有効性はあるのか

税理士資格は一般企業への就職・転職時に評価される?

税理士資格を持って一般企業で働くメリット

税理士資格を持っている人の中には、あえて一般企業への就職を希望する人もいます。
一般企業に就職した場合、経理部や経営企画部などに配属されることが多く、経理部では、各種決算業務など、経営企画部では、収支予算から見た経営コンサルティングなどを主に担うことになります。
収入面では、企業の規模や担当業務によっても異なりますが、企業内税理士または顧問に就く場合は、厚遇されることもあるようですが、一般的にはとりわけ高収入という訳でもなさそうです。
それでも、一般企業を望むのは、福利厚生の充実やワークバランスを重視したり、税務だけでなく、その他の分野のスキルを身に付けられるからです。
税理士資格を持っていれば、企業内税理士や顧問的税理士を必要としている企業もあるため、ニーズがあればそれなりの待遇を受けられることもあり、将来的には経営陣に名を連ねられる可能性もあるでしょう。

自分が目指すキャリアを実現するためには

税理士試験に合格し、晴れて税理士となってからも、歩む道は人それぞれです。
独立開業する人、税理士法人や会計事務所へ就職する人、一般企業へ就職する人…どこの道へ行っても会社の規模や地域などで業務内容や仕事量も様々です。
税理士を目指していた頃、それぞれに税理士になったらこうなりたい!というビジョンを持っていたと思いますが、それには近づいているでしょうか?
「税務だけでなく、節税など経営面のサポートもしたい」「M&Aのスペシャリストになりたい」「地域密着税理士」などキャリアの実現には、自分がなりたいイメージを明確に持つことが必要です。
税理士だけでなく、人の考えというのは途中で変わったりしますので、横道に反れたことが悪いわけではなく、もし、ただただ流されて今の仕事をしているようでしたら、再度見直す良い機会かもしれません。


シェア
TOPへ戻る