一般企業でも税理士免許の有効性はあるのか

税理士になろうとしてる人、税理士になった人が目指すもの

税理士資格を取得した人の主な職務経歴とは

難関試験に合格し、税理士になった人はどのような職務に就くのでしょうか?
個々にそれぞれの道があり、多様なキャリアの道があると言えますが、大まかに分けると3つの道があります。
メインはやはり、税理士法人または会計事務所で働くことです。
こちらも所属先によって、培われるスキルや求められる能力は様々ですが、大手税理士法人で働く場合、1つのことに特化したスペシャリストとなることが多いようです。
また、小中規模の会計事務所で働く場合は、相手は個人事業主や中小企業になることが多いため、飲食店、美容師、開業医など職種もそれぞれに異なり、1つのことを専門的にと言うよりも、多岐にわたるスキルが求められます。
大堂以外の道としては、一般企業で働くことです。
税理士の資格を持っていると、一般的には経理に配属されることが多いですが、税務業務以外の分野も見ることができるため、幅広い分野のスキル習得が可能になるようです。

一般企業で働く「企業内税理士」とは

企業内税理士とは、税理士の資格を持ち、税理士として登録(=税理士と名乗れる状態)していながら、一般企業で働く人のことを指しますが、正式名称ではなく俗称です。
企業内税理士は、所属する企業のビジネス内容によっても業務が異なりますが、一般的な企業であれば経理部に、銀行などの金融機関の場合は、相続関連部署や事業継承(M&A)などのコンサルティング部署に配属になったりします。
また、企業内税理士と言えど、社内、社外に関わらず、税理士業務をすることは、規定で禁じられているため、ある意味、税理士として働くことはありません。
あくまでも会社の一従業員に過ぎず、給与面に関しても、税理士資格を持っているから、とりわけ待遇を受けることはあまりないようです。
一般企業の経理部で働くと、税務業務は減るものの、企業の内情や税務以外の業務に深く携わる事ができるため、将来的には経験を活かして企画部等に行ける可能性もあります。


シェア
TOPへ戻る